ウェブ全体 北野中学校内

サイトポリシー

ウェブページのサイトポリシー

目的

本校ウェブページの著作権や個人情報の扱いに関して、サイトの方針を規定する。

著作権

このサイトのコンテンツの著作権は、札幌市教育委員会が保有しています。

校歌や校章は、それぞれの著作者に著作権があります。

保護者や生徒の作品は、その芸術的価値を問わず、制作者に著作権が発生します。

コンテンツ内の文章および写真は、その著作者・撮影者に著作権があります。

したがって、コンテンツの二次利用の扱い等については、著作者および札幌市教育委員会の両者に問い合わせる必要があります。

なお、教育機関における授業の過程においての二次使用は、著作権法第35条第1項により、無許諾で使用できます。

個人情報

札幌市個人情報保護条例に基づき、教職員および生徒に不利益が生じないように配慮することとします。

サイト内では、一切の氏名および個人の住所等の情報を載せないこととし、同時に個人が主目的となる写真を使用しないこととします。

生徒の活動風景の写真は、目的が活動であるため、上記の個人情報には該当しないが、極力特定できないように画像加工して掲載します。

リンク

リンクについては、インターネットの慣例に基づき、特に制限するものはありません。ただし、教育機関であることの配慮をお願いします。

ウェブページ作成のガイドライン

目的

ユニバーサルデザインおよび情報バリアフリーに基づく、アクセシブルなウェブコンテンツの作成をめざし、高齢者や障害のある人を含め、誰もが容易に本校のウェブサイトのコンテンツにアクセスできるようにすることを目的とする。また、今後、情報担当者だけでなく、各校務分掌・学年で、ウェブコンテンツの作成をすることになるため、以下の事項を規定する。

ガイドライン

  • 画面解像度800×600でも左右スクロールしないで正しく表示できるようにする。横幅が800ドットにおさまるようにレイアウトする。
  • フレーム(画面分割)は使わないようにする。
  • BGM(バックグランドミュージック)は流さないようにする。
  • 動画再生や音楽演奏、Flash(アニメーション)などのプラグイン(追加機能)は原則として使わない。必要な場合はプラグインの使用を明示(ダウンロード方法や使い方等も明示する)してからページを開くようにする。代替のテキスト情報も用意しておく。
  • 動画や音声ファイルなどを使う場合は、ユーザーが再生、停止できるようにする。
  • 画像の大きさと容量に注意する。1ページ全体(テキストと画像)で最大100kB程度にする。通常は30kB程度にする。
  • 画像には代替テキスト(ALTテキスト)を指定する。ただし単なる飾り線や箇条書きの先頭の画像などは*(アスタリスク)などを指定する。
  • PDFファイルやOfficeファイル(Word、Excel)は使わない。ただし、印刷して使用することを想定したものは、PDFファイルを用意することもある。
  • 点滅やスクロール文字列、アニメーションは使わないようにする。
  • 機種依存文字は使わない。特に半角カタカナ、ローマ数字、○がついた数字に注意する。
  • フォント種類や文字のサイズの絶対値(ピクセル、ポイントなど)は指定しない。指定してしまうと、見る側が自由にフォントや文字の大きさを変えられなくなる可能性がある。
  • 見出しと単なるフォントの大きさ指定を使い分ける。通常「見出し」の指定をすることで、自動的に文字が大きく表示されるが、「フォントのサイズ」で指定してはいけない。
  • 日本語の単語の間にスペース(空白)を入れない。単語の途中で改行しない。単語を途中で区切ると、音声ブラウザで正しく読み上げてくれない。例えば、「黒 板」→「くろ いた」となってしまう。
  • スペース(空白)でレイアウトしない。インデント、中央揃え、右揃えを指定する。
  • 記号は無意味に使わない。「●」や「・」など。
  • 単位や日時は記号ではなく日本語にする。同じ文字が違う単位をあらわすこともある。g→グラム(重さ)、ジー(重力)。音声で聞くと意味が通じない場合がある。
  • 見出しや重要な項目は、画像ではなくテキストで表示する。
  • リンク文字列は分かりやすい単語(文章)にする。
  • リンク項目や画像は小さすぎないようにする。
  • 文字と背景のコントラストは強めにする。印刷されることを考慮し、文字は黒に近く、背景は淡い色が望ましい。
  • 赤と緑の組み合わせは避ける(色弱対応)。
  • 色に頼らずに情報を理解できるようにする。カラー表示できない機器で見ている人や、色を判別できない人にも配慮する。例えば「赤いボタンをクリックしてください」など。
  • Webセーフカラー216色を使うようにする。Webセーフカラーは、WindowsとMacで共通の色。