2010年4月11日 (日)

携帯電話所有率が低下

「小・中学生の携帯電話所有率が低下、高校生にはPC離れの兆し?」:イザ!

内閣府がとりまとめた「青少年のインターネット利用環境実態調査報告書」によると、小・中学生における携帯電話の所有率や携帯インターネットの利用率が低下傾向にあるらしいことがわかった。


ネット状況では、全国の平均と差がない傾向がある本校なので、きっと同様の傾向があると予想されます。親の安心感と引き替えに、子どもの安全性を低下させ、友人関係を悪化させる可能性を高める携帯電話。今後も減少傾向が進むのかもしれません。

最近のコメント

サイト情報