2010年5月13日 (木)

パワーポイントをパソコンなしでテレビへ

【教師向けの記事です】

市立学校に新しく入ったテレビは、USBメモリに入っている写真を表示できます。そこで、パワーポイントのファイルを画像として保存し、パソコンなしでプレゼンをする方法を紹介します。もちろん、プレゼンまででなくても、ちょっとした文字や図形入りの写真や例文などを表示させるのも可能です。

パワーポイント2007だと、メニューの[ファイル]→[名前を付けて保存] →[ファイルの種類:JPEG ファイル交換方式(.jpg) ]と操作します。元のファイル名に通し番号が付加されたファイルが作られるので、それをUSBメモリに入れます。

なお、当然のことながら文字を動かしたりすることはできませんが、バージョンの違いによる互換性の問題が起きないという利点もあります。

【関連記事】
「高橋メソッド」と「みのもんたメソッド」 (しらかば日誌)

コメント(2)

需要がある文字が動くプレゼンの例
・簡易的な動画を作る。
・ネット上でFlashの代わりにする。

私は昔からAiの代わりみたいな役割で使っていました。
簡単ですしねw
そしてOfficeSweet2007の動画出力ができない・・・

ビジネスとしてのプレゼンという話で、逆にエンタメ系のプレゼンは、パワーポイントの文字効果だけでは物足りないのではないでしょうか。
ところで、Office 2004 for Macでは、動画出力ができます。本校公式サイトのアーカイブズにいくつか保管してあります。

最近のコメント

サイト情報