2011年2月21日 (月)

今日の給食(2/21)

メニュー[みそバターコーンラーメン、シナモンポテト、みかん、牛乳]
みそバターコーンラーメンは、北海道ならではの麺料理です。最後の仕上げにバターを加えることで、香りとこくが生まれます。色合いを考えて、コーンを入れるようです。
実は、バターを加える前と加えた後のものを検食しました(※検食とは、生徒が口に入れる30分以上前に、実食をするというきまりがあります。これはどこの学校でも通常は教頭がやっています)。バターを加えると、スープのとげがちょっととれてまろやかになると同時に、豊かなこくが生まれます。それと、本日は北海道産大豆を使った味噌を使っています。本州のものよりも、塩分が控えめです。「地産地消・安全安心」を合い言葉に、給食はこれからも進化を続けます!
11022111.jpg
シナモンポテト。シナモン風味の砂糖をまぶしてあります。シナモンは、ニッキ・肉桂とも呼ばれ、お菓子などによく使われる香辛料です。実はカレー粉にも入っています。
シナモンの効用としては、鎮静作用、血糖値の上昇を抑える、胃腸の調子を整える、などがあるそうですが、作用は個人差があります。
IMG_0150.JPG

ソフト麺がなつかしい、という大人世代の方々、最近はレストランやカフェなどで、給食ナイツとか給食特集等と銘打って、給食と同じ献立を出してくれるところもあるようです。
IMG_0153.JPG
学校の教員にでもならない限り、中学校を卒業したら給食ともお別れ。
ただし、多くの定時制高校では給食が出されます。

コメント(2)

僕の高校は食堂があります。正直給食の方がいいですね。なんせ「おかわり」というものがありますからね。
中学生諸君給食の幸せを堪能しておいた方がいいぞ!

あきれるほど「おかわり」をしていたあの人たちの、その後の食生活が気になります。給食のおかげであれだけ大きくなったのかと思うほど。

最近のコメント

サイト情報