2011年2月25日 (金)

クライストチャーチ大地震

クライストチャーチ市役所のウェブサイトでは、
今回の大地震の被害状況や、電気・水などのインフラの復旧状況、道路の通行止めの情報などを随時掲載しています。
現在のところ、水洗トイレに使える水も50%ほど復旧し、電力も確保できているようです。また、スーパーマーケットにも食料が充分あるとのことです。

今回被害に遭われた方々は、電話は通じなくても携帯メールやPCメールなどで、家族や警察などと連絡をとっていました。ソーシャルネットワークサービスでは全世界で利用されているfacebookも、安否の確認などに活用されていたようです。

情報をすばやく多くの人に伝える、こういった大災害の時にはとても重要なことですが、
今回の大地震では、ネットがとても役に立っています。
一昔前は、電話も通じない、どこに家族がいるのか、どんな被害に遭っているのかが何日たってもわからずに救出活動も足止めされることがありました。
災害はいつ襲ってくるかわかりません。携帯メールやSNS、正しく使用すれば命を救う道具にもなります。
未曾有の災害となった今回の大地震。
依然として行方のわからない方々が、一刻も早く救出されることを願います。

最近のコメント

サイト情報