2011年3月18日 (金)

ほけんだより 臨時増刊号

本日、ほけんだより臨時増刊号を発行しました。

「心の健康を考える」ということで、昨週の大震災における影響について書いてあります。ぜひともお読みください。主なポイントをあげておきます。


1,被災していなくても、マスメディアによる地震の惨状を見たり、聞いたりすることにより、心にダメージを受けることがある。


2,「自分が被災したわけでもないのに、調子が悪くなったりすることが恥ずかしい」と思ったり、「被災地の人に比べたら、自分なんか何でもない」とは思わないようにする。


3,もし、調子が悪くなったら、ゆっくり休んだり、家族や親しい友達とゆっくり話をすることが大切である。


4,思い切ってテレビは見ない。好きな音楽でもかけてリラックスする。


そのようなことが書いてあるほけんだよりです。


また、被災から一週間が経過し、悪質なチェーンメールなども予想されます。本当に必要な情報は、テレビやラジオで流れるはずです。噂やデマに流されないようにすることも大事でしょう。


とにかく、不安になったら、家族や先生に相談してください!!。

最近のコメント

サイト情報